"KSB"(Kochi Startup BASE)のレポート

こうちアントレプレナーナイト 連続セミナー#9
猫の殺処分、高齢化、過疎化の3つの課題から生まれたビジネスアイデア

こうちアントレプレナーナイト 連続セミナー#9『猫の殺処分、高齢化、過疎化の3つの課題から生まれたビジネスアイデア』をテーマに、井川さんにお話していただきました。

 

2019年11月22日、「こうちアントレプレナーナイト#9」がKochi Startup BASE®(以下、KSB)にて開催されました。このイベントは、高知県内で活躍する先輩起業家を招き、起業までの道のりや苦労話、起業するにあたっての心得など、実体験をもとに紹介してもらう、対話形式のセミナーとして実施しました。

<ゲスト講師>
井川愛さん(合同会社Yaika factory 代表)

京都生まれ千葉育ち。大妻短期大学国文科卒業後、就職活動を放棄し半年間カナダへ。帰国後、販売職、OL、イベント運営など、様々な職を経験。2004年から司会事務所に所属し、司会業と研修講師を10年間務める。2011年に結婚。2014年司会業から離職し主婦業に専念。その後、大好きな猫のために「港のネコとおばあちゃんプロジェクト」を立ち上げ、2016年10月、猫のおやつ作りで事業化を目指し単身高知に移住。「第二回高知を盛り上げるビジネスプランコンテスト」で最優秀賞受賞。地域おこし協力隊として1年半活動し、2018年4月に合同会社Yaika factoryを設立。現在、猫のおやつの製造販売を行っている。

 

チェックイン
最初に、参加者全員で自己紹介としてお名前と所属、参加動機をそれぞれ発表しました。

今回は井川さんの事業に興味がある方、将来的に起業を考えている方など、20代~40代までの方々が参加してくれました。

井川さんの講演『猫の殺処分、高齢化、過疎化の3つの課題から生まれたビジネスアイデア』
その後、井川さんの講演がスタート。最初に自己紹介として、ご自身について詳しく教えてくれました。

短大卒業後に海外へ行ったり、日本で色々な仕事をしたりしていましたが、これといって自分がやりたい仕事が無かった、と話す井川さん。そんなときに出会ったのが結婚式の司会でした。生い立ちの影響もあり、人を喜ばせることをしたいという想いを叶えてくれた仕事でしたが、クレームを怖がるようになり、体調を崩して退職。主婦として2年ほど生活していましたが、頭の中には次に何をするか、考えを巡らせていた、と言います。
そして思いついたのが『港の猫とおばあちゃんプロジェクト』でした。高知に移住したことがきっかけで生まれた、このプロジェクトは、猫の殺処分問題と高齢者の活躍の場づくりを掛け合わせたものです。

起業するまでは、ビジネススクールに通ったものの、反応は良いものとは言えませんでしたが、それでもこのプロジェクトを形にしたい、と高知に移住し、ビジネスプランコンテストで最優秀賞を受賞することが出来ました。しかし移住後、事業は思ったようにうまくいかず、住民とのトラブルや商品が売れない、お店に置いてもらえない、といった困難が続出。気力も体力も限界に近付く中、メディアに取り上げられ商品は売れたものの、製造だけで終わる日々が続きました。

当時のことを改めて振り返り、起業前にも起業後にも課題しかない、と話を続けました。
現在は、高齢化が思っていた以上に進み、作り手のおばあちゃんが引退をしたい、と製造に影響出る大きな問題も起こっています。また、製造に追われて新しいことに挑戦出来ていないなど、「ないづくし」の状態だ、と言います。

最後に、起業してからの3年間を思い起こしながら、「私はできると信じて続けている」と笑顔を見せてくれました。

対話の時間
講演の後は、井川さんを囲んで、自由に質問や感想などを話す対話の時間を実施しました。

参加者からは、井川さんが単身で移住したときのエピソードに共感する感想が多く聞かれ、その感想をきっかけに日々の出来事や、今まで経験したことについて語り合う場となりました。井川さんも他の参加者もじっくりと耳を傾け、自身のことをお互いに話し合いながら、より深いコミュニケーションが生まれていました。

チェックアウト
チェックアウトでは、井川さんのお話を聞いてどうだったか、一人ずつ感想を発表してもらいました。

参加者からは「自分を受け入れてくれる、共感してくれる仲間がいるのは素晴らしい」、「社会が変わらないことを嘆いても仕方ないので、どう変えていけるかを考えたい」という前向きな声が沢山聞かれました。

※総括
今回は、起業する前にどんなことをしていたか、というお話を中心に聞かせていただきました。様々な事例や経験談が聞かれ、井川さんがこれまでどのように事業を組み立ててきたのかが、詳細に分かり、参加者にとっても学びや気づきが多かったように思います。
また後半の起業後のリアルな経験談も、普通ならなかなか聞けないようなエピソードが多く、貴重なお話が盛りだくさんでした。

(レポート:上野 伊代)

お問い合わせ
Kochi Startup BASE®️
住所:〒781-0084 高知県高知市南御座90-1 高知蔦屋書店3F
運営:エイチタス株式会社 高知支社
Mail: ksb@htus.jp
Webサイト:http://startup-base.jp/

イベント詳細

こうちアントレプレナーナイトとは?
『こうちアントレプレナーナイト』は、高知県内で活躍する先輩起業家を招き、起業までの道のりや苦労話、起業するにあたっての心得など、実体験をもとに紹介してもらう、対話形式のセミナーです。

参加者が考えているアイデアがある場合は発表をし、ゲストと参加者が一緒に、そのアイデアを磨き上げる参加型のプログラムです。

#9『ネコの殺処分×おばあちゃん×過疎化が生んだビジネスアイデア』
こうちアントレプレナーナイト、第9回目となるセミナーでは、合同会社Yaika factory 代表・井川愛さんをゲスト講師にお迎えします。

猫の自然食おやつの製造販売を通して、猫と人が共に生き、活かされる社会をつくりたいと、「港のネコとおばあちゃんプロジェクト」を立ち上げた井川さん。

そして猫のおやつ作りに最高の場所を求めて、東京から800キロ離れた高知県の過疎の港町に移住しました。

地域おこし協力隊として1年半活動したのち、2018年春、猫のおやつ工場『ヤイカファクトリー』を設立。

今回は起業に至った想いや、起業後に直面した様々な出来事についてお話いただきます。

※本講座は、2019年度「創業支援事業者補助金」を活用して開催されます。

レポート
2019.11.22(金)
19:00-21:00
こうちアントレプレナーナイト #9
猫の殺処分、高齢化、過疎化の3つの課題から生まれたビジネスアイデア