"KSB"(Kochi Startup BASE)のレポート

こうちマイプロジェクト道場2期#5
~問題解決に向けたソリューションを描く~

連続講座のこうちマイプロジェクト道場2期。5回目では、『問題解決にむけたソリューションを描く』をテーマにワークを行いました。

2019年12月18日、「こうちマイプロジェクト道場2期」がKochi Startup BASE®︎(以下KSB)にて開催されました。このイベントは、一人ひとりが自分のライフヒストリーと紐づいた自分自身が本当にやりたいこと(will)に向き合い、仲間と共にその第一歩を踏み出し、そこでの気づきを対話を通じて深め、さらにアクションを重ねながら、起業や事業創造、プロジェクト実践を進めていく連続講座です。

チェックイン1:ワーク①
今回は女性4名の参加がありました。内1名は初めての参加者でしたので、チェックインを兼ねて、2つのワークを行いました。
1つめのワークは「自分をほめるワーク」。内面(性格や心の動きなど)をほめる、など指示された10項目について、自分自身を考え、褒めていきます。
「自分をほめるのは難しい」という声もありましたが、モデレータのフォローを受けつつ4名それぞれ紙に書き出していきました。

チェックイン2:ワーク②
2つめのワークはテーマが3つ。
① 「自分が一生をかけてテーマにしたいと思っていること(使命)」
② 「やりたいこと・興味があること・できること」
③ 「①と②をつかってプロジェクトにするとしたら何ができるか」

上記3つのテーマをそれぞれ、①青の付箋、②赤の付箋、③緑の付箋に記入。書きあがったら、書いたもの全て机に貼り出しました。

チェックインで行なった2つのワークは、今回全体で発表はしませんでした。日常的にそれを眺めながら意識し、自覚することで、自分とはどういう人間なのか、どういうことがやりたいのか、などを見つめ、自分を認めて受け入れ、手札を増やしていくためのツールという意図がありましたので、それぞれ作成後は持ち帰ることにしました。

マイプロのシェア
チェックイン後、マイプロジェクトMe編のシートを使って、各自が自身の人生をグラフに記し、発表しました。
発表中、他の参加者は聴き手に徹することが、マイプロのルールです。それぞれが自分の今までの人生を自分の言葉でシェアしていきました。発表を聴きながら「その人らしさ」や「視点」などがうかがえ、どの参加者も真剣な表情で耳を傾けている様子が見受けられました。

発表後はリフレクションタイムとして、聴き手が気になる事、共感できることなどを発表者に投げかけていきました。
「今日はいつもと雰囲気が違うね」といった声が聞かれるなど、全体的にリラックスした様子で、ワークは進んでいきました。

フィードバック/チェックアウト
最後に、チェックアウトを兼ねてフィードバックをおこないました。
周囲の共感に思わず涙ぐむ方や、来年の目標が見えてきた方もいました。

マイプロジェクトのグラフや内容は、その時の感情や状況によって毎回違うものができることを象徴するように、1期から連続参加の参加者からは「今回の発表で発表者のバックグラウンドが聞けてつながった。」という意見や、「今の自分をつくるきっかけになったものがわかった。」など多くの気づきがあったようでした。

また、チェックアウトではモデレータより、書籍の紹介やこれからについてそれぞれにアドバイスもありました。
「ぜひ(書籍も)読んでみたい」と前向きな意見も聞かれました。

それぞれがメッセージカードを記入し、手渡し終了。
今回で講座がすべて終了となり、終了を惜しむ声も聞かれましたが「これからもお付き合いは続けていきたい」と、嬉しい言葉を聞くこともできました。

総括
今回で、「こうちマイプロ道場1期・2期」全日程が終了しました。
回を追うごとに、個々が各々の理解を深めていく様子が見受けられました。
そして、この講座をきっかけにご縁がつながり、講座後も引き続き関わっていく、という参加者同士の繋がりを感じることもでき、1期から見守ってきた身としては、とても嬉しく感じました。
(レポート:時久あすか )

お問い合わせ
Kochi Startup BASE®️
住所:〒781-0084 高知県高知市南御座90-1 高知 蔦屋書店3F
運営:エイチタス株式会社 高知支社
Mail: ksb@htus.jp
Webサイト:http://startup-base.jp/

レポート
2018.12.13(木)
19:30-21:30
「行動と気づきで、プロジェクトが進化する」〜こうちマイプロジェクト道場第2期#5